査定でアップさせるためのコツは?骨董品の買取でよくある疑問解決に役立つ情報を紹介!

こちらのサイトでは、コレクションしていたものはもちろん家の片づけをしていて見つけたお宝など、査定でアップさせるコツについて紹介しています。
主に骨董品の買取でよくある疑問を解決できるコンテンツになっているので、宅配やオンラインなどの特徴、買い取って貰うときには身分証明書が必要な理由など、初心者が知りたいことを分かりやすく解説しているので参考にしてください。

査定でアップさせるためのコツは?骨董品の買取でよくある疑問解決に役立つ情報を紹介!

コレクションしている人の場合は、自分が所有している骨董品の価値をある程度把握しているため買取査定を使えばどのくらいの金額が提示されるのか分かるのではないでしょうか。
その反面、家の整理をしていて見つかった骨董品となったときには、他の家族や親族などが生前購入した品物になるので見つけた人はその価値が分からないケースは多いわけです。
このようなときには、骨董品を専門に買取してるところを見つけて査定依頼をするのがおすすめです。

骨董品は出張買取ができると便利

これから骨董品を売却しようと考えている方が多くいると思われます。
相続などで譲り受けたが興味がないのであれば持っているより売却した方がいいです。
価値が高くなっている今は売却する絶好のチャンスになります。
正しく保管できていないと劣化させたり、傷を付けてしまい、価値を大きく低下させてしまうことがあります。
所有していると多くのリスクがあるため、早めに売却するのが望ましいです。
骨董品も出張買取を利用することができます。
自宅に業者のスタッフが訪問して、そこで査定してもらうことが可能です。
店舗に持っていく場合は運んでいるときに壊してしまうケースもあるので、出張買取の方がリスクが低いと評価できます。
ただ、業者も様々なところがあるので、よく比較して少しでも高く売却できるところを選ばないといけません。
どこも大体同じに見えるかもしれませんが、スタッフの質や査定金額、対応などに差があります。

そもそも骨董品とは?買取の対象になるものを分かりやすく説明

希少価値のある古美術や古道具を骨董品といいますが、古美術品や古道具はその種類がとても豊富にあるためどのような品物を骨董品と呼ぶのか分からない人も多いのではないでしょうか。
仮に、自分が所有しているものの中で相続で受け継いだ品物や遺品整理で見つかった品物などがそれに該当することもあるわけですが、こんなときは専門店のホームページを見ることで販売品ページからは種類を把握することができますし、買取実績のページを見ても対象となるものを把握することができます。
ちなみに、骨董品の買取店のホームページを見ると日本刀や掛け軸などのように特定の品物を数多く取り扱っている所があるのですが、特定商品の取り扱いは得意分野でもあり自分が売ろうと考えている品物の種類と一致する買取店を使うことで高価査定への期待が高くなります。
また、ホームページ内に掲載されていないようなジャンルでもメールやLINEを使った簡易査定を使えばおおよその買取価格を教えて貰えることも可能です。

遺品整理で出て来た骨董品も買取して貰える?

亡くなった人が骨董品集めが趣味だと、自宅にたくさんの骨董品がのこされていて、遺品整理の際にその品物の取り扱いが問題となる場合があります。
基本的には、骨董品は遺品整理ででてきたものであっても買い取ってもらうことができますが、実際に買取業者に出す際には、まず遺産分割協議などを通じて相続人間で品物の取り扱いについて合意を得ておくことが重要です。
合意を得ないまま売却すると、後々遺族間で品物を巡って争いが起きかねません。
また、法令で携帯が義務付けられているものがきちんと揃っているかどうかの確認も重要です。
例えば、鉄砲や日本刀は、銃砲刀剣類所持等取締法で取り扱いが厳しく規制されており、買い取ってもらう際には品物だけでなく銃砲刀剣類登録証が必要になります。
登録証が見つからない場合は、すみやかに再発行の手続きをとり、新しい登録証を手に入れてからでないと売却手続きをはじめることはできません。
他の骨董品の中にも所持や売買、譲受が規制されているものがあるので、法令にしたがって手続きをとるようにしましょう。

骨董品の買取を使うとき事前の予約は必要?

遺品整理をしていたときに、骨董品ともいえるようなお宝が見つかるなどのケースもあるのですが、知識がない人はそれの価値が分からないわけですから恐らく高価な品物なのではないか、偽物だから価値はないなど色々な想像をしがちです。
その品物の価値は骨董品を専門に買取しているお店に相談することで、査定員が査定を行いその場で金額を提示してくれます。
査定の方法は店頭だけでなく、出張や宅配などもありますし写真を撮影してメールもしくはLINEで簡易査定ができるところもあるので、仕事などで忙しくてお店に行くことができない人でも査定を利用することができます。
なお、店頭での買取の場合は事前に予約をしておけば当日他のお客さんがいても、融通が利きますし直接出向くと順番待ちなどで査定価格を聞くまでにかなりの時間を要することもあります。
基本的に、予約は必須ではないのですが混雑することを考えると事前に骨董品の買取店に対して電話などで日時を伝えておくことをおすすめします。

骨董品の買取価格は査定する鑑定士の経験などでも変わる?

骨董品の買取価格は査定する鑑定士の経験などで変わってくることは十分にあり得ます。
原則的な話をすれば、骨董品の買取価格は、結局のところその品物が市場でどれくらいの値段で売れそうなのかという相場で決まります。
高く売れそうなのであれば高い値段をつけて買い取ってもお店側は利益が得られますし、あまり高額では売れそうにないのであればそれ相応の価格しかつけられないといった具合です。
しかし相場と一口に言っても、広く一般的に流通している日用品とかではないのですから、誰でもすぐに分かるようなものではないことは当然であり、鑑定士とは言い換えればその相場について良く把握している人だということもできます。
当然ながら経験とか知識によって差が生じることは当たり前ですし、その骨董品のジャンルによって得手不得手が生じるようなことも何ら珍しいことではありません。
このような理由から、鑑定する人次第で価格が大きく変わることもあります。

汚れや破れなど状態が悪い骨董品は買取して貰えない?

骨董品は状態が良いものが高く売れる、これは誰もが知る事実ではありますが、汚れが目立っていたり破れているものは買取の対象外になるのではないか、このような疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。
基本的には良好なものは問題なく査定が行われるけれども、小さな傷があると価値は下がる可能性があります。
そのため、これから骨董品の売却を検討されてるときには品物を丁寧に取り扱うことはもちろん、適切な場所で丁寧に保管するよう心がけましょう。
ちなみに、骨董品に増えるときは専用の布製手袋を使って作業したり、箱から出すときなどは直射日光が当たらない室内で行い湿気が少ない天候が良いタイミングを選ぶなどが大切です。
それと、お手入れの仕方などが良く分からない場合も、無理に行わずに最低限のお手入れにとどめるなどもポイントです。
なお、状態が悪いものでも査定を受けることで値段を付けて貰える可能性があるので諦めることなく買取査定を利用すると良いでしょう。

骨董品の買取で得たお金は確定申告が必要?

骨董品を売却すると利益が出ることになるわけですが、数千円程度の場合はまだしも数十万もの金額で売れたときには申告が必要になるのではないか、このような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
大半の場合が骨董品を売るときには高いことを意識されるケースが多く、高額査定になったときに思い浮かべるのが確定申告などのケースは多いわけです。
申告に関しては売却価格に関係なく行うことで税金の一部が戻ることもあるのですが、基本的に利益が30万円を超えなければ申告の義務はありません。
なお、骨董品などを含めた資産の譲渡における所得は譲渡所得に分類されるもので、1個もしくは1組の価格が30万円以下のときは生活動産の形でみなされるため課税対象外です。
これらのことからも、骨董品は1年間で30万円の価額になると課税対象になるので、確定申告が必要でそれ以下では不要になるなどこの金額を一つの目安で考えておけば申告に対する疑問を解決できます。

未成年者は骨董品の買取が利用できない?

不用品を買取に出そうとしたけれども、年齢制限で断れたなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
ただ、18歳未満や高校生の買取ができない、未成年者の買取ができないなどのように年齢制限を設けている所は多いのですが、実際には年齢に関係なく対応している所もゼロではありません。
骨董品の場合も同じようなことがいえるのですが、骨董品を売却するときには本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポートやマイナンバーカードなどが必要になるので、年齢を詐称して買取を利用することはできません。
また、高価な商品などの場合はお店側も慎重な対応をすることになるので、保護者に同意書を書いて貰う場合や親に代行して貰うなどが必要です。
保護者に代行をお願いしたときも、自分の身分証明書を提示することになるので公的機関が発行したもので、写真付きの書類を渡しておきましょう。
同意書を利用するときも、自分の身分証明書だけでなく保護者の分も必要です。

骨董品が見つかったけれども買取ではなく査定依頼だけでも可能?その方法は?

遺品整理や倉庫の掃除などをしていると、骨董品が見つかることもあります。価値のあるものなら所有しておきたいなどの理由から、買取ではなく査定のみを希望する人もいるでしょう。
基本的に、査定依頼をしたからといって必ず売却しなければならないわけではありません。査定金額だけ聞き、金額に納得がいかないとキャンセルすることも可能です。キャンセルしても、キャンセル料を請求される心配もありません。
また、だいたいの金額が知りたい場合は、メールやLINEで査定してもらうことも可能です。骨董品の写真と基本情報を送信するだけで、査定金額を教えてもらえます。
査定依頼は、買取業者のホームページの依頼フォームや電話、メールで簡単に行えます。インターネットでは一括査定サービスもあり、1つのフォームに入力するだけで複数の買取業者の査定金額を知ることも可能です。
不要な骨董品を眠らせておくのはもったいないので、価値を調べてみてはいかがでしょう。

骨董品に関する情報サイト
骨董品の買取でよくある疑問

こちらのサイトでは、コレクションしていたものはもちろん家の片づけをしていて見つけたお宝など、査定でアップさせるコツについて紹介しています。主に骨董品の買取でよくある疑問を解決できるコンテンツになっているので、宅配やオンラインなどの特徴、買い取って貰うときには身分証明書が必要な理由など、初心者が知りたいことを分かりやすく解説しているので参考にしてください。

Search