査定でアップさせるためのコツは?骨董品の買取でよくある疑問解決に役立つ情報を紹介!

骨董品の宅配やオンライン買取とは?

不要な骨董品を売りたいときには宅配買取やオンライン買取を利用すると良いでしょう。
古い価値ある品は出張や店頭などでも買い取りがおこなわれていますが、郵送での買取に対応している業者も少なくありません。
この方法で売却すれば、手軽に売れる可能性があるのでおすすめです。
これは宅配便を利用して売りたい掛軸や陶磁器などを送付し査定をして貰うことができるという特徴があります。
住まいの近くに利用できる買取店がない場合であっても、配送業者を利用して売却できるならば売りやすいというメリットがあります。
また直接持参をするのが難しい品物の場合でも、荷物を送付すればよいだけなら楽に売れるかも知れません。
このような配送業者で届ける買取は送料がかからないことも多く便利です。
一方オンライン買取は、LINEやメールなどで売りたい骨董品の写真を送り査定をして貰えるのが特徴です。
大まかな査定額がすぐにわかるので、売るかどうか迷っているときにも気軽に利用することができます。

骨董品の手数料はどれくらいかかるのか

骨董品を鑑定してもらうためには、鑑定料を払う必要が出てきます。
見ることへの手数料になるのですが、拘束時間によって料金は変わってくるのです。
骨董品の料金は自由に設定されており、骨董品店や美術団体では査定料も異なってきます。
大体の料金の相場は3万円から6万円程度で、料金が多いほど割引が増えるという仕組みとなっています。
その他骨董量の10パーセントから20パーセントほどを手数料として、鑑定者に払う仕組みとなっているのです。
100年以上の歴史がある美術品クラブの「東京美術クラブ」に依頼すれば、依頼料は4万円から8万円という鑑定料であり、証書なども料金に含まれているのです。
鑑定と査定では根本的に違うことを知っておく必要もあります。
見極めることで市場価値を決めることにより、いつ頃の作品なのか、誰の作品なのかを知ることになるのです。
歴史的・美術的な価値を考慮することにより、絵画が本物だという証明ができるのです。

骨董品に関する情報サイト
骨董品の買取でよくある疑問

こちらのサイトでは、コレクションしていたものはもちろん家の片づけをしていて見つけたお宝など、査定でアップさせるコツについて紹介しています。主に骨董品の買取でよくある疑問を解決できるコンテンツになっているので、宅配やオンラインなどの特徴、買い取って貰うときには身分証明書が必要な理由など、初心者が知りたいことを分かりやすく解説しているので参考にしてください。

Search